交通事故治療・むち打ち・肩こり・腰痛なら前橋市の接骨院「総社町接骨院」へ

027-289-28699:00~13:00 / 15:00~21:00(日曜除く)
027-289-2869

症例一覧Case

坐骨神経痛 - 症例カテゴリ - -2018.04.25-




こんなお悩みをお持ちではありませんか?

 

 ☑長年、坐骨神経痛に悩まされている

 ☑お尻の部分が痛い、痺れる、重だるい

 ☑ふともも、ふくらはぎ、足先が痺れることが多い

 ☑立っていたり、歩いていると痛み、痺れにより歩けなくなる

 ☑坐骨神経痛で病院へ行ったがよくならない

 

 

坐骨神経痛はなぜ起こるのか?

 

坐骨神経を何らかの影響によって、圧迫させてしまう事によって起こります。

坐骨神経は下肢の運動・感覚を支配しており、腰から始まり、お尻ふとももふくらはぎの後ろから外側、足関節の内側、足の裏を通っています。

主な原因として、「腰椎の変形」、「腰椎椎間板ヘルニア」、「腰部脊柱管狭窄症」、お尻の筋肉の緊張「梨状筋症候群」などがあります。

腰に何らかの異常があると、腰の筋肉は硬くなり、より坐骨神経の圧迫を強めてしまいます。日常での立ちっぱなし、座りっぱなしも同様に腰、お尻の筋肉の緊張を起こし、坐骨神経を圧迫する原因となります。

圧迫された坐骨神経は、痺れや痛みといった症状を引き起こします。

立つ、座る動作は日常動作でも多くあり、なかなか症状を軽減することは難しく悪化していってしまいます。また、神経症状は回復が遅く時間の掛かる部位です。

 

 

坐骨神経を放っておくとどうなるか?

 

坐骨神経を放っておくと、痛み、痺れが増すのはもちろんですが、歩行時に痛みが強くなり、休憩しながらではないと歩けなくなる「間欠性跛跛行」という症状が現れる事もあります。

神経は治療までの期間が長くなればなるほど回復にも時間がかかってしまいます。

 

 

総社町接骨院での坐骨神経に対する施術について

 

坐骨神経の症状における改善を早めるには、まず温め血流を良くすることです。

その血流を妨げている原因として、体のバランスが悪かったり、筋肉の不均等さ、骨盤の歪みによるものである可能性もあります。

総社町接骨院では、原因の徹底究明を行い、全身筋肉調整を基盤として、患者様ひとりひとりの状態を見た上で最新治療機器による深部筋肉へのアプローチ、弱まった筋肉を再教育させるEMS、体の状態をしっかり見た上で場合によっては骨盤矯正を行い、痛みの繰り返さない体をつくる治療を提供しています。

 

・全身筋肉調整

 患者様の痛みの出ている患部だけでなく、全身の筋肉に対して触診をしつつアプローチしていきます。痛みといっても別の箇所が影響となり発生している事が考えられます。再発を防ぐためにも全身を診る必要があると考えています。

 

・骨盤矯正

 日常生活のクセや不良姿勢によって土台となる骨盤に捻じれなどの影響が出てしまいます。元の位置・痛みの無い位置へ矯正することで痛みの改善・血行改善・体調改善・再発予防をしていきます。

 

・最新機器による物理療法

 低周波治療器・高周波治療器・超音波治療器・ホットパック等の最新機器を揃え、患者様ひとりひとりにあったものを提供。手技では届きづらい深部の筋肉にまでアプローチを行い、より痛みの改善・血行改善・体調改善・再発予防をしていきます。

 

・パートナーストレッチ

 硬くなってしまった筋肉・関節に対して十分な時間をかけたストレッチを行い、再発をさせない身体作りへとサポートします。

 

 

 

 

 

 

少しでも腰にに違和感・痛みがあるなら、前橋市の総社町接骨院へ一度ご相談ください。

交通事故治療、ぎっくり腰、産後による腰痛・予防も行っております。

お問い合わせはこちら